西尾お寺イベント ~ 本堂が夢ステージ ~ 開催の趣意

 私たちが住む西尾市は「お寺のまち」です。西尾市内にある寺社の数は270を超え、全国の1922市区町村の中で20番目の多さです。さらに、西尾市は、鎌倉前期に発祥した足利一族の名門・吉良氏が室町(戦国)時代まで「吉良荘」として治め、江戸初期に再興し幕府・高家となった近世吉良氏が一部を領地とした地です。このため、吉良氏ゆかりの古いお寺が多く、現在国宝となっている弥陀堂(金蓮寺)もあるなど、歴史ロマンあふれる地になっています。

 こうした名実ともに全国有数の「お寺のまち」西尾ならではの特徴を生かし、地域づくりを目指すのが、西尾お寺イベントの展開です。地元に音楽・芸術・文化振興の風を吹かせ、郷土の寺社・歴史を知る機会にもしていきます。幅広く集客できれば、西尾ファンの増加につながるでしょう。お寺にとっても、新たな形で文化発信・コミュニティーの拠点としての存在感を高めるきっかけになるはずです。

 お寺との連携のもと、西尾お寺イベントは「本堂が夢ステージ」をキャッチフレーズに多彩に展開します。主に地元の音楽家や芸術・芸能家らが出演します。コロナ禍で失った出演機会を提供できると同時に、市民にはお寺という究極の和の空間で文化・芸術を楽しめる貴重な機会になります。当面はコンサート、寄席、歴史講演会などを中心に開き、その後はイベントのジャンルを増やしながら、境内での歴史案内やご当地物品販売なども含め市民コラボ参画型で毎年継続していきます。

 すでに今秋のイベント計画を具体的に立てています。

 吉良氏の3つの菩提寺(実相寺・華蔵寺・花岳寺)を会場に、吉良氏801年・菩提寺コンサートを「西尾 歴史のまちで今を奏でる」のテーマで開きます。これは、西尾市で昨年から展開中の「吉良氏800年祭」の伴走企画の位置づけです。また、本堂にグランドピアノがある普元寺では、名古屋市在住の著名な作詞家・荒木とよひさ氏と音楽監督・甚目裕夫氏を招いてクラシック版コンサート「格調高き昭和歌謡」を開きます。荒木・甚目両氏は昨秋、市内の小学校で特別授業をするなど西尾と縁があり、今回ステージでは地元音楽家や小学校児童も出演します。西尾市街の順海町にある唯法寺では、お寺寄席を開催予定。唯法寺は小京都の雰囲気を最も醸す地区にあり、伝統演芸の落語の会場としては最適です。

 このように、西尾お寺イベントは、地元の歴史と文化の「伝承の場」になるとともに、地域資源を活用した新たな地域おこしの取り組みになると確信しています。

 西尾お寺イベントは、市民有志で今年3月末に結成した西尾お寺イベント実行委員会が主催していきます。企画・運営に精一杯取り組んで参りますので、何卒この開催趣旨をご理解いただき、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

                                           西尾お寺イベント実行委員会 会長 永井考介 2022・6・14

ポスター20220719現在.jpg
チラシ表.jpg
お寺寄席 おもて 20220805最新.jpg